各ページ背景_SETTINGS_2.jpg


<< S E T T I N G S >>


< A P P L I B R A R Y >

・App Soundを自由にセットできます


< U S E R ’ S L I B R A R Y >

・パソコンからオリジナルSoundなど、必要なSoundを自由に取り込みセットできます

ポイント ★★★

・さらに今回ファイルだけでなくフォルダも 扱える様になりました
・Soundの整理が容易に出来ます(詳しくは後ほど図で解説いたします)


< i T u n e s L I B R A R Y >

ポイント ★★

・本体のミュージックからSoundをセットできます


< D R O P B O X >

ポイント ★★★         

・Wi-Fi環境が有れば、DROPBOXからSoundを ダウンロードする事ができます(PCが無くてもOKです)

<< DORPBOXからSoundをダウンロードする >>


DORPBOXのアカウントを作成してください(既にアカウントをお持ちの方は、そのアカウントをお使いください)
無料App『DROPBOX』をApp Storeよりん入手し同期(ログイン)させてください
後は、BROWSE / DROPBOX に進みますと手順が書かれております


ダウンロードの注意

DORPBOXからのダウンロードは、追加したファイルだけではなく、常にDROPBOXにアップロードされている
全てのファイルをダウンロードします
既にダウンロード済みのファイルは、DROPBOXから消去(移動)をしておくと良いでしょう
ファイルサイズ、インターネットの速度によっては、MP3などの圧縮ファイルをお勧めいたします


< 再 生 ポ イ ン ト と エ ン ド ポ イ ン ト の 編 集 >         

・ENABLE EDITORをONにすると編集が可能になります

ポイント ★★★   

・指先で波形を左右に広げると、カーソルを 中心に波形が拡大します。
例)・イントロを4小節カットしたい    
  ・ サ ビから再生したい
  ・Loopポイントをより正確に設定したい


< L O O P >

・STARTポイントからENDポイントの間を LOOP再生します


<ボリューム調整>

・MIXERと連動しています
・iPhone用にはMIXER機能が搭載されておりません。このボリュームをご利用ください




<< USER’S LIBRARYでフォルダ管理をする >>

初代KLANGは、オーディオファイルの取り込みしか出来ませんでしたが、
今回のKLANG 2は、新機能をプラスしてフォルダも扱えるようになりました


iPhone/iPadをiTunes(PC)に接続します
       ↓
iTunesが認識している(※1)iPhone/iPadをマウスでクリックします
画面左に表示されている『設定』より(※2)『App』を選択します
       ↓
Appの管理画面の下側に(※3)『ファイル共有』があります
『ファイル共有』より(※4)『KLANG 2』を選択します
       ↓
右側の(※5)『KLANG 2の書類』の中にオーディオファイルが入ったフォルダを(※6)『ドラック アンド ドロップ』してください
自動で同期が始まります
       ↓
『KLANG 2』のSETTINGS / BROWSE / USER’S LIBRARY を確認するとフォルダが表示されています
フォルダをタップすると、その中にオーディオファイルが表示されています


フォルダ管理する事でライブラリーの整理が容易にできます



ファイル表示_2サイズ合わせ2.jpg





App-Storeロゴ.jpg





TOPページ_5.jpg





< < B R O W S E > >


< APP LIBRARY >

App Sound can be freely set.


< USERS LIBRARY >

Point ★★★

It is possible to take in necessary Sound such as original Sound freely from the PC.
Moreover the folder in addition to this time, the file, too It became the style which it is possible to handle.
It is possible to do the organization of Sound easily.


< iTunes LIBRARY >

Point ★★★

Sound can be set from the music of the main unit.


< DROPBOX >

Point ★★★

Sound can be downloaded from synchronous DROPBOX.
The taking-in of Sound became possible even if there was not a PC if there was Wi-Fi environment.
( Free App " Dropbox " is necessary )


< Editing of a reconstruction point and an endpoint >

Point ★★★

It gets to do the can to edit which when making ENABLE EDITOR on.
Mainly in the cursor when spreading a corrugation on either side with the fingertip.
The corrugation expands.
The point can be more correctly set


< Ex. >
I want to cut the dumb part of the music head.
I want to cut 4 nodules of intro.
I want to reconstruct from the rust.


< LOOP >

It reconstructs the interval of the END points in LOOP from the START point.





App-Storeロゴ.jpg




PLAY-MODE_下切り抜き.jpg